急発進防止装置、9割補助へ=高齢ドライバー支援-小池都知事

 東京都の小池百合子知事は11日の都議会本会議の代表質問で、高齢ドライバーによる交通事故が相次いでいることを受け、アクセルとブレーキのペダルの踏み間違いによる急発進を防ぐ装置の購入費に対し9割程度を補助する緊急対策を行う方針を明らかにした。小池氏は「補助の受け付け開始後1年間は高齢者に早急に対応していただくため、費用の1割程度の自己負担で装着できるよう支援を行う」と述べ、安全装置の普及に向け集中的に取り組む考えを示した。 

 都によると、補助の受け付け開始時期は未定だが、年度内を予定。今後、補助の対象者や予算規模などを検討する。

 自動車用品店「オートバックス」を展開するオートバックスセブンによると、3万~4万円程度で販売しているという。

【了】

【夏休み】お得な航空券ならエアトリ!

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. もう少し踏み間違いか否かを調べたほうがよいのでは?
    それこそ踏み間違いな補助になってしまっては困るし
    後付けの急発進防止装置も時には逆に首絞める道具になりかねないし
    総重8000超のトラックに年式で後付けの抑制装置の取り付けが車検満了まで義務付けられた時もコンピュータ制御の電気式と噴射ポンプで抑制する機械式の双方で機械式のほうはよく壊れて速度が出なくなったりで、災厄はアクセルが戻らないようなトラブルは無かったけど後付け装置は・・・