土星の月へ「ドローン」派遣=生命誕生の謎解明に期待-NASA

 【ワシントン時事】米航空宇宙局(NASA)は27日、土星を周回する衛星タイタンに、無人探査機「ドラゴンフライ」を送り込む計画を公表した。2026年に打ち上げ、34年にタイタンへ到達。ドローン(小型無人機)のように回転翼で浮上し、地表を移動しながら各種データを地球へ送信する。

 ドラゴンフライはゴルフカートほどの大きさで、8基の回転翼を装備。2年半余りの間にタイタンの地表を約180キロ移動し、砂丘やクレーターなどさまざまな場所を探査する。タイタンが地球より濃い大気で覆われているため、回転翼での移動が可能といい、NASAは「複数の回転翼を持つ探査機を地球外の天体へ送るのは初めて」と説明している。 

 タイタンは誕生初期の地球と環境が似ており、液体の「海」や有機物質も存在すると考えられているため、収集したデータの解析が生命誕生のプロセス解明につながることも期待されている。NASAのブライデンスタイン長官は「謎を秘めた『海』への到達は、生命に関するわれわれの知見に変革をもたらし得る」と強調している。

【了】

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

最新記事

コメント