「りゅうぐう」に2回目着陸=地下物質採取目指す-探査機「はやぶさ2」・JAXA

Large 20190711at17s p
記者会見するJAXAの久保田孝教授=11日午前、相模原市のJAXA宇宙科学研究所

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」は11日午前10時すぎ、小惑星「りゅうぐう」に2回目の着陸を行った。JAXAによると、着陸は成功したとみられる。4月に作った人工クレーターの周辺に降り、世界初となる小惑星地下からの物質採取を目指す。

 りゅうぐうには約46億年前の太陽系誕生当時の水や有機物が存在するとみられる。地下の物質は太陽熱や放射線による影響が少なく、地表よりも当初の姿をとどめている可能性が高い。試料を回収することで、太陽系の成り立ちや地球の生命の起源を探る手掛かりになると期待される。

 今回の着陸目標は、りゅうぐうの赤道付近にあり、人工クレーターの中心から約20メートル離れた半径3.5メートルの領域。人工クレーターを作った際に噴出した地下物質が堆積し、採取できる可能性が高いという。 

 はやぶさ2は10日午前、高度約20キロの定位置から降下を開始した。高度約500メートル以下は自律制御で降下を続け、5月に投下した目印をカメラで捉えながら位置や姿勢を調整。最後は機体下部にある筒状の試料採取装置を接地させて弾丸を発射し、舞い上がった砂を取り込む。

 2014年12月に打ち上げられたはやぶさ2は、昨年6月にりゅうぐうに到着した。今年11~12月にりゅうぐうを離れ、20年末ごろ地球に帰還、試料の入ったカプセルを投下する。

【了】

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

この記事の写真一覧

最新記事

コメント