佐渡汽船、高速船3隻体制に戻る=事故から約4カ月で

 今年3月、日本海で海洋生物とみられる物体と衝突した佐渡汽船の高速船「ぎんが」が19日、修理を終えて約4カ月ぶりに新潟-両津間で営業航海を再開した。高速船は約4カ月ぶりに3隻体制に戻った。 

 事故は3月9日に発生し、80人が重軽傷を負った。同社は事故を受け、いすの座面を衝撃吸収力の高い素材に交換したり、シートベルトの安全性を高めたりする対策の導入を決めた。折りたたみ式のテーブルも撤去する。8月中には3隻の高速船でほぼ全ての対応を終える見込み。

【了】

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 余談ですが、

    ・佐渡汽船の高速船は、ジェットフォイル(新潟-両津航路)以外にウェーブピアサー(直江津-小木航路)もあります。旅客専用のジェットフォイルと異なり、カーフェリーです。

    ・同社の寺泊-赤泊航路は、廃止されます。

    • したがって佐渡汽船の高速船は4隻あるので、この記事のタイトルや本文は「新潟-両津航路の高速船が3隻に戻った」という内容でないとおかしいのではないでしょうか。