軍縮担当の国務次官辞任=米

 【ワシントン時事】ポンペオ米国務長官は20日、トンプソン国務次官(軍備管理・国際安全保障担当)の辞任を発表した。トンプソン氏が担当していた米国とロシアの新戦略兵器削減条約(新START)延長問題などをめぐる核軍縮協議の進行に影響を与える可能性もある。

 2018年4月に就任したトンプソン氏は軍出身。上院の指名承認プロセスで、保守系ロビー団体、全米ライフル協会(NRA)幹部に接近したロシア人の女スパイやその交際相手との交流を明かさなかったことが後に判明し、民主党議員から非難の声が上がっていた。

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

コメント