走る小田急ロマンスカー「GSE」でブルーリボン賞除幕式&赤い車体に青いリボンの装飾

「鉄道友の会」より小田急ロマンスカー70000形「GSE」に贈られた「ブルーリボン賞」。その受賞プレートの除幕式が、新宿駅から箱根湯本駅に向かう走行中の列車内で行われました。先頭部に青いリボンのデザインも施されています。

「スーパーはこね5号」車内で

 小田急電鉄が2019年10月19日(土)、新型ロマンスカーの70000形電車「GSE」が受賞した「ブルーリボン賞」の受賞プレート除幕式を、営業運転中のその車内で開催しました(新宿9時00分発の箱根湯本行き「スーパーはこね5号」車内)。

「GSE」車内の展望席付近に掲出された受賞プレートを、小田急電鉄の星野晃司社長と「鉄道友の会」の須田 寛会長が、多摩川の鉄橋付近を走行中の車内で除幕しました。

Large 191019 gseb 01  1

拡大画像

小田急の特急ロマンスカー「GSE」。先頭部分にも「ブルーリボン賞」受賞記念のデザインが施された(2019年10月19日、大藤碩哉撮影)。

 70000形電車「GSE」は「鉄道友の会」より2019年5月23日(木)、展望席やスタイリッシュな車体デザインなど小田急ロマンスカーとしての伝統を継承しつつ、最新の設備・技術を惜しみなく導入してユニバーサルデザインの積極推進や環境負荷の低減を図っているとして、「ブルーリボン賞」を受賞しています。

「ブルーリボン賞」は「鉄道友の会」が毎年1回、前年に日本国内で営業運転を始めた新型車両や改造車両のなかから選定する賞。「鉄道友の会」の会員の投票結果に基づき、選考委員会が審議して最優秀と認めた車両が選ばれます。

【了】

【写真】車内でこうして除幕式 プレートは展望席付近に

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191019 gseb 02
  • Thumbnail 191019 gseb 03
  • Thumbnail 191019 gseb 04
  • Thumbnail 191019 gseb 01  1

最新記事

コメント

Leave a Reply to 二十歳で工場長 Cancel reply

1件のコメント

  1. 完全にショーの為の賞に落ちてしまっている
    列車名公募も大義ばかりが一人歩きして何も反映されない。
    讃える意味の無い産物に与える賞など単なるショーでしかない