県部長、飲酒して自転車=警察から聴取、報告せず-埼玉

 埼玉県は21日、県民生活部長(59)が台風19号の対策会議に出席した後の13日夜、帰宅途中に飲酒して自転車に乗り、警視庁から任意の事情聴取を受けていたと発表した。部長は聴取を受けた事実を報告しておらず、21日付で総務部付に更迭された。

 県人事課によると、部長は13日、災害対策本部の会議に出席した後、午後7時ごろからJR赤羽駅近くの飲食店で親族と飲酒。同10時半ごろ自転車に乗ったところバランスを崩し、警察官に職務質問され、事情を聴かれたという。 

 県は18日に警視庁から連絡を受け、部長の飲酒運転を把握した。この間、部長は知事の代理としてオーストラリアを訪問していたが、聴取を受けたことなどを報告していなかった。

 大野元裕知事は「台風による被害が大変であることは分かっていた。幹部職員が飲酒運転をしたことは遺憾」と話した。

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

コメント