〔海外決算〕米UPSの7~9月期決算、16.0%増益=ネット通販の宅配増で

 【ニューヨーク時事】米宅配大手ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)が22日発表した2019年7~9月期決算は、純利益が前年同期比16.0%増の17億5000万ドル(約1900億円)となった。インターネット通販の拡大に伴い、米国内の荷物取扱量が増えたことが寄与した。

 特殊要因を除いた1株当たり利益は2.07ドルで市場予想平均(リフィニティブ調べ)の2.06ドルを上回った。

 売上高は5.0%増の183億1800万ドル。

 主力の米国内配送部門の売上高は9.8%増の114億5500万ドル。取扱量は9%増。特に翌日配送の航空便サービスは24%増と大きく伸びた。

 海外配送部門は0.5%増の34億9400万ドルだった。

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

コメント