最新EVで近未来体感=東京モーターショー報道公開

 2年に1度開かれる国内最大の自動車見本市「東京モーターショー」が23日、東京ビッグサイト(東京都江東区)などで報道関係者に事前公開される。各メーカーは、環境規制の強化で世界的に開発競争が激化している電気自動車(EV)の試作車などを相次いで出展。来場者に近未来の車社会を体感してもらう考えだ。一般公開は25~11月4日。

 トヨタ自動車は、2020年冬ごろに発売する2人乗りの超小型EVや、自動運転技術を搭載したEV試作車「LQ」を出展。日産自動車は軽自動車サイズのEV「ニッサン IMk」、ホンダは20年に投入計画の小型EV「ホンダe」をそれぞれ公開する。マツダも初の量産EVを展示する予定だ。

 モーターショーには国内外の約190社・団体が参加。自動車、部品メーカーに加え、EVや自動運転の関連技術を開発する電機メーカーも出展する。海外メーカーの多くが参加を見送り、国際ショーとしての存在感が低下する中、自動車業界は異業種を巻き込んでショーを盛り上げる。

【了】

最新記事

コメント