通学バスで自動運転=東大など、千葉で5カ月実験

 東京大などは1日、千葉県柏市にある柏キャンパスとつくばエクスプレス(TX)柏の葉キャンパス駅との間で、学生や教職員らが乗るバスを使い、自動運転の実証実験を始めた。

 バス会社「東武バスイースト」(柏市)に運行を委託。運転手が駅前などは手動運転し、見通しが良く、全地球測位システム(GPS)の電波受信に支障がない約1.2キロの区間だけ、自動運転に切り替える。

 ディーゼルエンジンのバス(定員17人)に、GPS受信機やカメラ、障害物センサーを装備。コンピューターの制御システムでハンドルやアクセル、ブレーキ、ウインカーを操作する。

 実験主体は東大や同社、柏市などで構成する「柏ITS(高度道路交通システム)推進協議会」で、来年3月まで5カ月間、安全性や走行の安定性などを評価する。会長の須田義大東大教授は記者会見で「(自動運転バスが)将来は市民の足になることを目指している」と話した。普及すれば、運転手不足の解消、高齢運転者による事故の防止に役立つという。 

【了】

最新記事

コメント