小型SUV発売=ダイハツとトヨタ

 ダイハツ工業は5日、新型の小型SUV(スポーツ用多目的車)「ロッキー」を発売した。親会社のトヨタ自動車はOEM(相手先ブランドによる生産)供給を受け、「ライズ」として販売。性能は同じだが、前面のデザインが異なる。

 全長約4メートルで、室内の広さを確保しつつ小回りが利く設計とした。排気量1000ccのターボエンジンは、1500cc相当の動力性能があるという。

 ダイハツは軽自動車、トヨタは中型車などからの乗り換えを狙う。価格はダイハツが170万5000円から、トヨタが167万90000円からで、月間販売目標はそれぞれ2000台と4100台。 

【了】

最新記事

コメント