ボルボ、新型セダン発売=「S60」、8年ぶり全面改良

 ボルボ・カー・ジャパン(東京)は5日、中型セダン「S60」(排気量2000cc)の新型車を発売した。8年ぶりの全面改良で、従来モデルよりも全幅を1.5センチ縮めた。狭い日本の道路でも運転しやすいサイズにし、国産車からの乗り換えを狙う。

 ガソリンエンジン車に加え、自宅などで充電できるプラグインハイブリッド車も売り出す。対向車との衝突を回避するシステムなど、最新の安全技術を全車種で標準装備した。価格は489万~779万円で、年間販売目標は2000~3000台。

 木村隆之社長は「サイズもコンパクトで、価格も国産大型車とそう変わらない。日本市場に合っている」と述べ、高い安全性能を訴求して販売拡大を目指す考えを示した。

【了】

最新記事

コメント