ホンダ、2回目の業績下方修正=20年3月期、円高や販売減少で

 ホンダは8日、2020年3月期の連結業績予想を下方修正した。売上高に相当する売り上げ収益は従来予想より6000億円少ない15兆500億円、純利益は700億円少ない5750億円となる。これまでは前期比で増益を見込んでいたが、為替の円高や世界販売の減少が打撃となり、一転して減益となる。下方修正は8月に続いて2回目。

 通期の想定為替レートを1ドル=107円と、従来予想より3円の円高に改めた。世界販売の見通しは、従来予想より13万5000台少ない497万5000台に下振れし、4年ぶりに500万台の大台を割り込む。インドの景気減速に加え、日本国内で軽自動車「N―WGN」の生産が部品の問題で停滞していることが響く。 

【了】

最新記事

コメント