10月のBMWブランド世界販売3.0%増加=高価格帯モデル好調

 【フランクフルト時事】ドイツ高級車大手BMWが8日発表したところによると、主力ブランド「BMW」の10月の世界販売台数は前年同月比3.0%増の17万6291台となった。スポーツ用多目的車(SUV)に加え、「8シリーズ」や「7シリーズ」など高価格帯モデルの売れ行きが好調だった。

 一方、小型車ブランド「ミニ」は競争激化のあおりで6.2%減の2万7589台にとどまった。

 両ブランドの実績を主要市場別にみると、中国大陸は8.8%増の6万1400台、米国は7.5%増の2万8402台と好調。これに対し、欧州は3.1%減の8万5584台に低迷した。うち地元ドイツは2.5%増を確保したが、英国が6.1%減少した。

【了】

最新記事

コメント