スズキ、インド新工場稼働を3カ月延期=市況悪化で

 スズキは8日、インド北西部で建設しているグジャラート第3工場の稼働開始を3カ月延期すると明らかにした。当初は2020年4月を予定していた。同工場の生産能力は年間25万台。主力のインド市場の低迷により四輪販売が苦戦していることや、日本国内での完成車検査不正問題への対応に人員が必要となっていることが理由。 

【了】

最新記事

コメント