日産の中間営業益85%減=販売苦戦、通期予想引き下げ

Large 20191112at62s p
厳しい内容の9月中間決算を発表する日産自動車のスティーブン・マー常務=12日午後、横浜市内

 日産自動車は12日、2019年9月中間連結決算を発表した。売上高は前年同期比9.6%減の5兆30億円、本業のもうけを示す営業利益は85.0%減の316億円、純利益は73.5%減の653億円だった。主力市場の北米など世界販売が苦戦。営業利益と純利益は4年連続でマイナスとなり、いずれも10年ぶりに1000億円台を下回った。足元の業績低迷を受け、20年3月期の年間予想を下方修正した。

 日産は業績の急激な悪化を受け、前会長カルロス・ゴーン被告が進めた規模拡大路線の修正に取り組んでいる。19年4~6月期は営業利益が98.5%減の16億円と赤字寸前まで落ち込み、中間期はマイナス幅が縮小したものの引き続き厳しい決算内容。北米のほか、中国、欧州などの新車販売が軒並み低迷したことに加え、原材料価格の上昇が響いた。円高進行も営業利益ベースで275億円の減益要因となった。 

 横浜市内で記者会見したスティーブン・マー常務執行役員は、低迷した北米の販売動向について「リカバリー(回復)に向けて第一歩を踏み出した」と強調。ただ「円高傾向が続き、経済状況が不透明で需要も低迷する」とみて、業績予想を下方修正した。

 20年3月期の連結業績予想は、売上高が前期比8.4%減の10兆6000億円(従来予想11兆3000億円)、営業利益が52.9%減1500億円(同2300億円)、純利益が65.5%減の1100億円(同1700億円)。世界販売台数計画は524万台(従来は554万台)に引き下げた。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント