日韓防衛相が初会談=失効目前のGSOMIA焦点

 【バンコク時事】河野太郎防衛相は17日、国際会議出席のため訪問中のバンコクで、韓国の鄭景斗国防相と初の会談を行う。失効期限が23日午前0時に迫る日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、河野氏は北朝鮮のミサイル対応などで日韓連携の意義を訴え、破棄撤回を働き掛ける考えだ。

 GSOMIA破棄をめぐっては、米国もエスパー国防長官ら幹部を韓国に送り込み、韓国政府に翻意を促した。しかし、文在寅大統領は、日本が安全保障上の懸念から韓国への輸出管理規制を強めたことを理由に難色を示した。

 日韓防衛相の公式協議は昨年10月以来。鄭氏は6月に岩屋毅前防衛相と非公式に会談している。日韓防衛当局の関係は、韓国軍駆逐艦による自衛隊哨戒機へのレーダー照射や、韓国軍の島根県竹島(韓国名・独島)周辺での訓練などで冷却化した。

【了】

最新記事

コメント