南シナ海規範に域外国警戒=拡大ASEAN国防相会議―タイ

Large 20191118at54s p
18日、バンコクで開かれた拡大ASEAN国防相会議に先立ち、写真に納まる各国国防相ら

 【バンコク時事】東南アジア諸国連合(ASEAN)各国と日米中韓など計18カ国が参加する拡大ASEAN国防相会議が18日、バンコクで開かれ、中国による軍事拠点化が進む南シナ海情勢をめぐり協議した。ASEANは中国と進める紛争防止に向けた「行動規範」の策定作業の進展を強調。これに対し、米国などは中国が域外国の関与を排除することを警戒している。

 ASEANと中国は行動規範について、今後2年以内の策定を目指している。ASEANのリム・ジョクホイ事務局長は早期決着に向け、交渉が進んでいると報告した。

 一方、エスパー米国防長官は17日にASEAN各国国防相と行った会議で、「行動規範が中国の主張の正当化に利用されてはならない」と指摘。そのような事態を許せば「行動規範は逆効果で害を及ぼす」と訴えた。インドのシン国防相もツイッターに「域外国の権利を守る必要性を力説する」と投稿した。 

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント