トヨタ、スマホ決済アプリ開発=顧客との接点強化

 トヨタ自動車は19日、スマートフォンのアプリを活用し、電子マネー・クレジットなど多様なキャッシュレス決済を管理できるサービス「トヨタウォレット」を開始したと発表した。ユーザーの購買行動の情報を集め、新たなサービスにつなげる狙いもある。 

 米アップルの基本ソフト(OS)「iOS」を搭載したiPhone(アイフォーン)向けのアプリから提供し、来年の春ごろには米グーグルのOS「アンドロイド」を搭載したスマホ向けアプリの提供も始める。マスターカードの加盟店やOrigami(オリガミ)の加盟店などで、アプリを利用して決済できる。

 カーシェアリングや新たな移動手段の普及で、移動に対する少額決済の増加が予想されている。トヨタは、収集した購買行動をもとに販売店などで新サービスの展開につなげたい考え。顧客との接点を強化することで、「顧客のかゆいところに手が届くサービスにしたい」(担当者)としている。

【了】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. トヨタウォシュレットに見えちまった