風土改革へ行動指針見直し=日産社長就任会見の一問一答

 日産自動車の内田誠社長が2日に行った就任記者会見の主なやりとりは次の通り。

 【冒頭発言】

 この1年、世間を騒がせたことを厳粛に受け止めている。経営戦略に誤りがあったとは思えないが、その運営過程で企業文化に問題が生じた。ワンチームの風土を醸成し、透明性の高い業務運営を行うため、行動指針を見直す。信頼の回復と業績の立て直しを形にしていく。

 ルノーとは、対等なパートナーとして尊重し合い、互恵的な関係を目指す原則に従い、日産の独立性を保持しながら活動を進めていく。

 【質疑応答】

 ―ルノーとの関係は。

 経営統合という話は現時点でルノーのスナール会長とはしていない。アライアンス(提携)を進化させ、(三菱自動車を含む)3社の売り上げと利益に貢献できるようにする。

 ―中期経営計画の見直しは。

 自動車業界が置かれている状況を踏まえ、何ができるかをもう一度社内で議論し、しかるべきタイミングで説明したい。

【了】

最新記事

コメント