ガンダム搭載衛星、お披露目=東京五輪中、宇宙から応援―組織委など

Large 20191203at45s p
完成し、報道陣に披露されたアニメ「機動戦士ガンダム」の模型を載せた人工衛星(レプリカ)=3日午後、東京都港区

 2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、大会組織委員会と宇宙航空研究開発機構(JAXA)などが地球周回軌道への放出を計画しているアニメ「機動戦士ガンダム」の模型を載せた小型人工衛星が完成し、3日、レプリカが披露された。

 搭載されるのは主人公が乗る「ガンダム」とライバルが乗る「シャアザク」の200分の1模型で、宇宙の過酷な環境に耐える特殊樹脂で作製された。縦横10センチ、長さ約35センチの超小型衛星に収納された状態で、20年3月ごろ国際宇宙ステーション(ISS)に運ばれる。

 ISSから放出された後、2体の模型は衛星の外側に立つような形で展開され、足元に設置した電光掲示板で応援メッセージなどを表示。衛星搭載のカメラで撮影した模型の姿などが地上に送られる。 

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 20191203at43s p
  • Thumbnail 20191203at45s p

最新記事

コメント