中国、アジア最大級駆逐艦就役

 【北京時事】中国海軍の最新鋭駆逐艦「055型」の1番艦「南昌」が12日、山東省青島で就役した。国営新華社通信が伝えた。南昌は排水量1万トン超で駆逐艦としてはアジア最大級。青島を母港とする空母「遼寧」の護衛に当たるとみられる。 

 南昌は昨年4月の国際観艦式で初めて公開された。112基のミサイル垂直発射装置(VLS)を搭載し、中国メディアは「アジア最強の駆逐艦」と位置付けている。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント