日産提携解消の報道「悪意」=仏財務相

 【パリ時事】フランスのルメール経済・財務相は14日、仏テレビに出演し、日産自動車が仏自動車大手ルノーとの提携解消に向け準備しているとした英紙フィナンシャル・タイムズの報道について「悪意ある情報だ。グループを不安定化させようとしている」と非難した。

 ルメール氏は「われわれが実質的に困難を乗り越えてアライアンス(連合)を立て直そうとしている時に、もめ事の種をまこうとしている」と指摘。報道を「情報操作だ。悪意のあるうわさ話に耳を貸さないでほしい」と一蹴した。日産は14日、同紙の報道を否定する声明を発表した。 

 ルメール氏はまた、ルノーの次期最高経営責任者(CEO)に関し「数日中に分かると期待している」と述べた。ルノーは昨年12月の取締役会で、次期CEOの人選を協議。仏メディアによれば、独フォルクスワーゲン(VW)傘下のスペインのセアトでCEOを務めたルカ・デメオ氏らが候補に挙がっている。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント