JR東海、巨大掘削マシン公開=リニア新幹線トンネル

Large 20200129at63s p
リニア新幹線トンネルを掘削する巨大なシールドマシン=29日、神戸市のJIMテクノロジー製作拠点

 JR東海は29日、2027年開業予定のリニア中央新幹線の地下トンネル掘削に使う「シールドマシン」を神戸市内で報道陣に公開した。直径約14メートルの穴を掘り進めることができる巨大な掘削機は鉄道向けとして国内最大級。

 マシンは三菱重工業など3社のトンネル掘削機事業を統合したJIMテクノロジー(川崎市)が製作。掘削装置を遠隔操作で回転させながら、地盤などの硬さに応じてカッターを自動交換できる世界初の技術を採用した。東京・品川~名古屋間約286キロメートルのうち、品川区内に昨年12月完成した深さ約80メートルの「立て坑」の底に運び入れ、21年度初めに工事に着手。川崎市内までの8.2キロを掘り進む。 

 リニア新幹線の建設工事は沿線各地で順次始まっており、巨大掘削マシンは首都圏と中部圏の都市部地下を対象に複数台が投入される計画。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント