五輪期間、テレワークを=交通混雑緩和へ―政府

 政府は29日、東京五輪・パラリンピック期間中の首都圏の交通混雑を緩和するため、大会期間を中心とする7月20日~9月6日に職場以外で働く「テレワーク」を実施するよう企業や官公庁などに呼び掛けると発表した。

 大会期間中は国内外から観戦・観光客が押し寄せるため、このままでは東京都内の鉄道利用者が1割増えると見込まれる。政府は通勤者を減らすため、都内の企業に従業員の1割にテレワークを採用するよう促す。計3000以上の企業・団体の参加を目標としている。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント