日野1.3万台改善対策=取っ手外れる恐れ

 日野自動車は14日、荷台へ移動する際に使う取っ手が外れる恐れがあるとして、トラック「プロフィア」1万3671台(2003年11月~11年8月製造)について、リコール(回収・無償修理)に準じた改善対策を行うと国土交通省に届け出た。

 国交省によると、取っ手の材質が不適切で、亀裂が入るケースがある。昨年11月に東京都内で、運転手が荷台に移ろうとした際に取っ手が外れ、右肘骨折の重傷を負う事故が起きていた。 

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント