タクシー車内に仕切り=新型コロナ飛沫感染防ぐ―日の丸交通

Large 20200325at40s p
日の丸交通が新型コロナウイルス対策で導入を始めた、前後の座席をビニールカバーで仕切ったタクシー(同社提供)

 大手タクシー会社「日の丸交通」(東京都)は25日までに、新型コロナウイルス対策として、前後の座席をビニールで仕切ったタクシーの導入を始めた。密閉された車内での飛沫(ひまつ)感染を防ぐのが狙い。こうしたタクシーの導入は業界初とみられる。

 同社によると、運転席・助手席と後部座席の間にビニールカバーを設置。支払時は、カバー中央付近の一部を開けてトレーに現金を置く。ICカードはカバー越しにかざして使うことができる。

 4月中旬までに、都内を中心に運行している約600台全てに導入する方針。

 同社では既に、出社時の体温検査やマスクの着用、乗客が降りた後の車内消毒などを乗務員に義務付けているが、感染防止策をさらに強化する。 

 都内では、3月24日までの累計で171人の新型ウイルス感染が確認され、都道府県で最多となった。

【了】

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント