S&P、米フォードをジャンク級に格下げ=新型コロナで収益悪化

 【ニューヨーク時事】米格付け会社S&Pグローバル・レーティングは25日、米自動車大手フォード・モーターの信用格付けを投資適格の下限に当たる「トリプルBマイナス」から1段階引き下げ、投機的水準(ジャンク級)の「ダブルBプラス」に設定すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で自動車需要が減少し、収益が悪化すると判断した。

 また、格付けを引き下げ方向(ネガティブ)の「クレジット・ウオッチ」に指定。コロナ問題による工場休止の長期化やキャッシュフローの減少などが生じれば、一段の格下げもあり得るとしている。

【了】

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント