GM、北米のトラック3工場で第2シフト再開延期=部品不足で―ロイター

 【ニューヨーク時事】ロイター通信は22日、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が北米の三つのピックアップトラック工場で第2シフトの再開を延期すると報じた。メキシコから供給される部品が不足しているためという。

 ロイターによると、GMが第2シフトの再開延期を決めたのは、米中西部ミシガン州のフリント工場、同インディアナ州のフォートウェイン工場、メキシコのシラオ工場。いずれもフルサイズのピックアップトラックを組み立てており、再開は早くても来週後半になるとみられている。

 GMは、新型コロナウイルスの影響で3月半ばに停止した北米工場の操業を今月18日に再開した。需要が高く、利幅の大きいピックアップトラックや大型SUV(スポーツ用多目的車)を優先して生産している。

【了】

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント