京都大市川准教授に猿橋賞=ニュートリノ研究で業績

 「女性科学者に明るい未来をの会」は23日、優れた女性研究者に贈られる第40回猿橋賞を、京都大准教授の市川温子さん(49)に授与した。茨城県東海村の大強度陽子加速器施設(J―PARC)から岐阜県飛騨市の大型検出装置スーパーカミオカンデに向けてニュートリノを発射する「T2K実験」での業績が評価された。

 現在の宇宙に物質しか残っていないのは、物質と反物質との間に性質の違い(CP対称性の破れ)があるためと考えられているが、T2K実験ではニュートリノの観測から、その違いを解き明かそうとしている。

 市川さんは、同実験に設計段階から参加。機器の開発と実験データ解析の両面で貢献し、昨年からは12カ国約500人の研究者が参加する同実験の代表者を務めている。 

 オンラインで記者会見した市川さんは「CP対称性の破れを見つけるのが一つの大目標。その他にも、自分のアイデアで実験を立ち上げ、大きな発見をしたい」と話した。

【了】

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント