新幹線「N700S」運転開始=2022年度までに40編成―JR東海

 JR東海は1日、東海道新幹線の新型車両「N700S」の営業運転を始める。13年ぶりのフルモデルチェンジで、全席に電源コンセントを配備するなど座席機能を充実。4編成でスタートし、2022年度までに40編成を投入する。

 間接照明を取り入れた車内は落ち着いた雰囲気で、座席はシートと背もたれを連動させ、長時間座っても疲れにくい仕様にした。騒音や振動も以前より軽減。駅に到着する際は荷棚全体を明るくして置き忘れを防ぐ。

 緊急時の対策も強化した。リチウムイオン電池のバッテリーを搭載し、災害で停電しても最寄りの避難場所まで自力走行できる。防犯カメラも客車ごとに2~4台増設した。

 JR東海によると、今後のN700Sの運行予定は前日に同社の公式ツイッターなどで配信する予定という。

【了】

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント