「北朝鮮は挑発行動中止を」=米高官、非核化交渉復帰求める

 【ワシントン時事】オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は30日のウェブ講演で、南北共同連絡事務所の爆破など強硬姿勢を強める北朝鮮に対し、挑発行動を避け、「持続的かつ実質的な交渉」に戻るよう呼び掛けた。

 オブライエン氏は、北朝鮮の非核化をめぐる米朝交渉について「目に見える進展は遅い」と不満を表明した。その上で「対話の扉は開かれたままだ」と述べ、引き続き交渉による非核化を目指す意向を示した。

【了】

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント