JAL、国内線減便拡大=新型コロナ感染再拡大で

 日本航空(JAL)は20日、9月1~16日の国内線を追加減便すると発表した。同期間の減便率は33%から43%に拡大する。新型コロナウイルスの感染再拡大で旅客需要が伸び悩んでいるため。減便の対象は羽田-札幌、羽田-那覇など48路線、1306便。 

 併せて8月26~31日の国内線も、407便の運航を追加で取りやめると発表した。同期間の減便率は34%から42%になる。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント