名鉄、高精度3次元地図作成で実証事業

 名古屋鉄道は24日、自動運転サービスなどへの活用に向けた高精度3次元地図を作成する実証事業を行うと発表した。名鉄タクシーホールディングス(同)のタクシー車両2台に簡易計測機器を搭載し、走行時に収集したデータを活用する。 

 事業はグループ会社など5社と共同で実施。中日本航空(名古屋市)とマップフォー(同)の技術を利用して開発した3次元地図作成ソフトウエアを用いる。名鉄が自動運転技術活用戦略の策定などを行うほか、メイテツコム(同)がクラウド上で地図データを管理する基盤を開発する。実施期間は10~12月。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント