高麗神社で高麗郡偉人伝開催=埼玉県日高市〔地域〕

 埼玉県日高市の高麗神社で、高麗郡偉人伝が開かれている。高麗郡は現在の日高市、鶴ケ島市の全域、川越市、狭山市、入間市、飯能市の一部に当たる。高麗郡への関心を高め、子どもたちに希望を与える目的で2016年から開催。今年は、石川組製糸創業者の石川幾太郎氏に焦点を当てた。

 石川氏は現在の入間市の農家に1855年に生まれた。武蔵野鉄道(現西武鉄道)の社長も務め、教育支援に力を入れた。会場では、幕末から明治期の生糸輸出や、入間地方の養蚕、製糸、絹織物のほか、石川組製糸や石川家の活動を幅広く紹介。繭から生糸をほぐし巻いていく「座繰り器」なども展示している。

 高麗神社の高麗文康宮司は「今後も地域の偉人を掘り起こして多くの方に伝えたい」と話している。今月30日まで開催。 

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント