中国、南シナ海に弾道ミサイル4発発射=「空母キラー」で米けん制

 【ワシントン、北京時事】米国防当局者は26日、中国軍が中国本土から南シナ海に向けて中距離弾道ミサイル4発を発射したと明らかにした。中国は25日に米軍偵察機が軍事演習区域を飛行したと非難したばかり。今回の発射には中国の南シナ海領有権主張を否定し、経済・軍事両面で対中圧力を強めるトランプ米政権をけん制する意図があるとみられる。

 当局者によると、弾道ミサイルは南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島と海南島に挟まれた航行禁止海域に着弾した。「ミサイルの種類については現在分析中」という。

 これに先立ち、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(電子版)は中国軍が対艦ミサイル2発を発射したと報じていた。それによると、中国軍は26日午前、内陸部の青海省から「東風26」(推定射程4000キロ)、沿岸部の浙江省から「東風21D」(同1500キロ)を1発ずつ発射。中国軍筋は「米軍が頻繁に軍用機や艦艇を南シナ海に派遣し、潜在的危機を高めていることに対する中国の返答だ」と警告した。

 東風26は米領グアムを射程に収めることから「グアムキラー」と呼ばれ、対艦攻撃も可能とされる。また「海上の大型艦艇を正確に攻撃できる」(中国国防省)といい、東風21Dと並んで「空母キラー」の別名もある。 

 中国海事局は軍事演習を行うため、24~29日に海南島の南東海域に航行禁止区域を設定。弾道ミサイル観測に使う米軍の電子偵察機RC135S(通称コブラボール)が26日、この海域周辺を飛行したという。

 中国は南シナ海など近海での米軍艦艇の活動を制限するため、対艦弾道ミサイルを開発してきた。昨年夏に初めて南シナ海で6発を発射したことが米軍に確認された。

 米軍は今夏、南シナ海に空母2隻を派遣するなど、習近平政権に対する軍事圧力を強めている。中国も対抗して南シナ海のほか、黄海や渤海で軍事演習を行い、緊張が高まっている。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント