英イネオス、独ダイムラー仏工場に買収提案=交渉は進んだ段階

 【フランクフルト時事】英石油化学大手イネオス傘下の自動車会社イネオス・オートモーティブが、独自動車大手ダイムラー傘下で、小型車「スマート」を生産する仏東部のアンバッハ工場に対して正式な買収提案を行ったことが27日、わかった。

 両社の交渉は順調で、かなり進んだ段階にあるという。現在、国や地方レベルの政界と建設的な対話を進めているが、正式な決定は従業員代表の同意を取り付けた後になると強調している。

 ダイムラーは業界の技術変革や新型コロナウイルスの影響で減退した乗用車需要に対応するため、生産能力の調整を進めており、その一環としてアンバッハ工場の売却を検討する方針を7月に明らかにしていた。同工場の従業員は約1600人。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント