米大統領を非難=「選挙目的で衝突企図」―中国国防省

 【北京時事】中国国防省の呉謙報道官は27日の記者会見で、中国周辺で米軍が頻繁に活動していることに関して「米国の一部の政治屋は大統領選を前に自らの利益のために中米関係を破壊し、軍事的衝突すら起こそうとたくらんでいる」と述べ、名指しを避けながらもトランプ大統領らを非難した。

 また、呉氏は、台湾の蔡英文政権と米国が連携を強めていることに対し、「いかなる米台の公式交流や軍事関係にも断固反対する」と強調した。中距離核戦力(INF)全廃条約の失効を受け米国が開発中のミサイルの配備先として日本が候補に挙がっていることについても「関係国が強行するなら、中国は断固報復する」と語った。 

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント