〔決算〕日本旅行、連結純損失58億円=6月中間、コロナ響く

 日本旅行(非上場)=2020年6月中間連結決算は、売上高が前年同期比60.4%減の100億6800万円、営業損益が64億4100万円の赤字(前年同期は1億円の黒字)、純損益が58億9500万円の赤字(同4億5500万円の黒字)だった。新型コロナウイルスの影響で旅行需要が消失し、赤字に転落した。

 旅行予約のキャンセルに加え、政府の緊急事態宣言で店舗営業を一時休業したことも響き、国内旅行、海外旅行、訪日外国人旅行者(インバウンド)の各部門とも売り上げが激減した。

 20年12月期の業績予想は未定。感染収束時期が予測できず、影響の見極めが困難としている。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント