韓国の次期制服組トップに空軍参謀総長

Large 20200831at23s p
韓国軍合同参謀本部議長に起用される元仁哲・空軍大将=2019年4月、韓国西部・鶏龍市(EPA時事)

 【ソウル時事】韓国国防省は31日、朴漢基・軍合同参謀本部議長の後任に空軍参謀総長の元仁哲・空軍大将(59)を起用すると発表した。9月1日の閣議で決定後、国会の聴聞会を経て任命される。 

 元氏は空軍作戦司令官や合同参謀本部次長などを歴任。文在寅政権下で空軍出身者が合同参謀本部議長に起用されるのは、現国防相の鄭景斗氏に続き2人目となる。文大統領は28日、鄭氏の後任に陸軍参謀総長の徐旭・陸軍大将(57)を指名していた。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント