ブラジル・エンブラエル、約900人を解雇=コロナ禍、ボーイングとの統合中止響く

 【サンパウロ時事】ブラジル航空機大手エンブラエルは3日、全従業員の4.5%に当たる約900人を解雇すると発表した。会社の持続可能性とエンジニアリング能力を確保することが目的。新型コロナウイルス禍と、米ボーイング社との民間機事業統合が中止となったことに起因するとしている。

 エンブラエルによれば、2020年上半期の納入機数は、新型コロナ禍の影響で前年同期比75%減と大きく落ち込んだ。また、ボーイングとの事業統合に向けた民間機部門の分離に対応するための組織構造の2倍化によって状況はさらに悪化。航空輸送部門の短・中期的な回復見通しがないことも響いたという。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント