九州・山陽新幹線、8日に再開=空の足も―台風10号

 JR九州は7日、台風10号の影響を受け全面運休していた九州新幹線や一部在来線の運転を、8日始発から再開すると発表した。JR西日本も7日は山陽新幹線の広島―博多間の運行を見合わせていたが、8日から通常通りに戻る。空の便も8日は一部を除き通常運航する予定。

 JR九州によると、7日は始発から在来線や新幹線の全ての運転を取りやめた。8日は九州新幹線を始発から通常通り運転させるほか、一部の在来線は本数を減らすなどして運行を再開する。線路点検の結果次第では、運行計画を変更する可能性もある。

 JR西も7日の始発から山陽新幹線の広島―博多間の運転を見合わせるなどしたが、8日は通常運行する予定という。

 7日は空の便も乱れ、九州や沖縄を発着する国内線を中心に多数が欠航。全日本空輸は201便、日本航空は171便の運航を見合わせたが、8日の欠航はいずれも一部に留まる見込み。 

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント