新宿駅西口に超高層ビル=260メートル、29年度完成―小田急・メトロ

Large 20200909at47s p
小田急電鉄と東京メトロが発表した新宿駅西口に建設する高さ260メートルの超高層ビルのイメージ(小田急電鉄提供)

 小田急電鉄と東京メトロは9日、東京・新宿駅西口の小田急百貨店などを地上260メートルの超高層ビルに建て替える再開発計画を発表した。高さは東京都庁(約243メートル)を上回る。2022年度に着工し、29年度の完成を目指す。

 約1万5700平方メートルの敷地に地上48階・地下5階の複合ビルを建設する。高層階はオフィス、中低層階は商業施設として利用する。総事業費は未定。

 地下部分は、中間階をなくすとともに柱の位置を変えて見通しを確保できる構造にする。多くの乗降客がいても歩きやすくし、買い物客や観光客らでにぎわう街づくりを目指す。 

 JR東日本などの駅もある新宿は、1日平均約380万人が乗降する世界最大のターミナル駅とされる。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント