タンカー再び火災鎮圧=1キロ範囲に燃料流出―スリランカ沖

 インド洋の島国スリランカ沖で起きたタンカー「ニュー・ダイヤモンド」の火災が再び鎮圧された。同国紙デーリー・ミラー(電子版)が9日、海軍の情報として伝えた。火災は3日に始まり、いったん鎮火したものの、7日に再び出火していた。

 8日にはディーゼル燃料が漏れ始め、同紙によれば、タンカーから約1キロの範囲内に広がったのが確認された。インド沿岸警備隊の航空機が化学薬品を散布し、環境被害の防止に当たっている。積み荷の原油27万トンの流出の有無については言及されていない。 

 スリランカ空軍は、計44万リットルの水と4.5トンの化学薬品を炎上するタンカーに投下した。空軍当局者は「悪天候の中、低い高度で、タンカーの重要部分に投下した」と状況を説明した。(時事)

【了】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント