ANA、10月国内線43%減便

 全日本空輸(ANA)は10日、新型コロナウイルスの影響で旅客需要が低迷していることを受け、10月の国内線について9984便の運航を取りやめると発表した。事業計画比で43%の減便となる。 

 9月の減便率は47%を予定している。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント