ピーチ、10月から国際線再開=コロナ運休から7カ月ぶり

 ANAホールディングス傘下の格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションは10日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で運休が続いていた国際線について、10月25日から一部再開すると発表した。国際線の運航は約7カ月ぶり。関西、羽田、成田の3空港と台北を結ぶ3路線でそれぞれ週3往復する。 

 台湾の新型コロナ感染状況が落ち着いていることから、ビジネスや帰省などの需要が見込めると判断した。

 同社は国際線17路線を運航していたが、3月20日以降は全て運休している。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント