JCR、マツダの格付け見通しを「ネガティブ」に変更=「A-」格付け据え置き

 日本格付研究所(JCR)は11日、マツダの長期発行体格付け「A-」を据え置き、見通しを「安定的」から「ネガティブ」に変更したと発表した。 

 JCRは、マツダについて、「北米事業の収益性悪化などにより営業利益率が低下」しているとした上で、「財務構成も18年3月期をピークに悪化傾向にある」ことから格付け見通しをネガティブ変更したとしている。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント