モーリシャス復興へ基金=重油流出事故、総額10億円拠出―商船三井

 商船三井は11日、同社手配の貨物船によるモーリシャス沖での重油流出事故に関し、自然環境回復のための基金を設立すると発表した。8億円程度を拠出する。併せて現地のNGOやモーリシャス政府が関連する基金などにも資金を拠出する方針で、支援総額は10億円程度を予定する。

 池田潤一郎社長は同日記者会見し、「モーリシャスの人々をはじめ関係の方々に改めておわびする」と陳謝。その上で、直接的な事故責任は貨物船を所有する長鋪汽船(岡山県笠岡市)にあるが「われわれにも社会的責任がある」と述べ、今後必要に応じ支援額を増やす可能性も示唆した。

 基金は、被害を受けたマングローブ林やサンゴ礁の保護・回復支援などに充てる。商船三井のほか長鋪汽船が拠出を予定しており、個人・企業からも受け付ける。基金とは別に、現地の漁業や観光業への支援も検討する。 

 一方、重油流出のきっかけとなった貨物船の座礁事故について池田社長は「海岸に近づいていたのに乗組員の危機意識が欠けていた」と指摘した。ただ最終的な事故原因については「断定に足る情報、根拠を持ち合わせていない」と述べるにとどめた。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント