東海道本線に「鉄道好き要チェック」列車走る〈PR〉

静岡DCアフターキャンペーンに合わせて、鉄道好きの心をくすぐる観光列車が運行されます。車内に風鈴が鳴り響く373系電車や、キハ75形ディーゼルカーが東海道本線を快走するなど、レアな観光列車が運転される予定です。

列車内で夏を感じる! 車内に響く風鈴の音

 2020年4月から6月にかけて開催される、静岡デスティネーションキャンペーン(静岡DC)アフターキャンペーンに合わせて、JR東海ツアーズでは、「特別な観光列車を利用する乗車ツアー」を実施します。

Large  r4a9773

拡大画像

「遠州三山風鈴まつり号」に使われる373系電車イメージ(2016年5月、恵 知仁撮影)。

 そのうちのひとつ、「遠州三山風鈴まつり号」では、なんと車内に風鈴が鳴り響きます。「チリンチリン」と音がする車内から見えるのは青い浜名湖……というような、風流な鉄道の旅を楽しむことも可能。静岡県袋井市内で開催される「遠州三山風鈴まつり」の初日にあわせて、5月23日(土)、名古屋駅から東海道本線経由で袋井駅まで走ります。

 車両は特急「ワイドビューふじかわ」「ワイドビュー伊那路」などに使われている373系電車です。車内では、浴衣姿の観光特使によるPRなども実施されます。

Large 200300 jrcszokdcacp 05

拡大画像

特別に味わえる「静岡緑茶餡だんご」(画像:袋井市観光協会)。

「遠州三山風鈴まつり」は、袋井市内にある古刹の法多山尊永寺、萬松山可睡齋、医王山油山寺が会場。ツアー参加者は観光列車「遠州三山風鈴まつり号」の乗車にくわえ、遠州三山各寺院で観光ガイドによる案内や、法多山では観光列車の乗客限定で「静岡緑茶餡だんご」を味わえるほか、可睡斎では大書院から約1000個の赤富士風鈴がいろどる大庭園を眺められます。

Large akafuji

拡大画像

魔除けの意味を持つとされる「赤富士風鈴」イメージ(画像:袋井市観光協会)。

 また、三山では「ツアー限定の特別御朱印」(書き置き)が用意されます。

ハイパワーディーゼルカーで東海道本線 快走!

 そして6月6日(土)にはキハ75形ディーゼルカーが、普段は走らない東海道本線の名古屋駅から静岡県の西端、新所原駅(湖西市)までの区間を、「アメイジングガーデン・浜名湖号」として走ります。普段は快速「みえ」などに使われているハイパワーディーゼルカー「キハ75形」、その快走が楽しめそうです。

Large 200300 jrcszokdcacp 12
快速「みえ」として走るキハ75形ディーゼルカーイメージ(画像:photolibrary)。

 ここで紹介した観光列車以外にも、特別企画が盛り込まれたツアー商品がJR東海ツアーズから発売される予定。レアな運転区間、特別な車両運用で、SNS映えや貴重な体験が期待できそうです。

●さらに詳しい情報やお申込みはこちら
https://www.jrtours.co.jp/

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」