乗りものニュース 特別企画

瑞風、四季島、ななつ星…
クルーズトレインの特徴、サービス、料金は?

鉄道各社による豪華クルーズトレインの旅では、観光はもちろん、車内での食事やサービスに至るまで、最上級のものが提供されます。移動手段としての従来の寝台列車などとは異なり、乗ること自体が旅の目的になる列車です。「瑞風」「四季島」「ななつ星」などの列車は、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

乗車そのものが目的になる豪華クルーズトレインの旅

 JR九州の「ななつ星in九州」を皮切りに、「TRAIN SUITE 四季島(トランスイートしきしま)」や「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(トワイライトエクスプレスみずかぜ)」など、国内複数の鉄道事業者が豪華クルーズトレインの運行を始めています。

 それまでの寝台列車とは一線を画し、内装や食事、サービスなどは最上級のものに。車内ではピアノの生演奏やひのき風呂、展望デッキなど各社趣向を凝らしたさまざまな“もてなし”も用意されています。

 乗車そのものが目的になる、いつか乗ってみたい存在のクルーズトレイン。その運行までの経緯やサービス、料金など、各社の取り組みをまとめました。

「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」(JR西日本)――寝台特急「トワイライトエクスプレス」の伝統を受け継いだ、山陽や山陰を周遊するクルーズトレイン

「TRAIN SUITE 四季島」(JR東日本)――「深遊探訪」をコンセプトに東日本や北海道を周遊

「ななつ星in九州」(JR九州)――九州を周遊する国内豪華クルーズトレインの草分け

「THE ROYAL EXPRESS」(東急電鉄・伊豆急行)

「ろくもん」(しなの鉄道)

「カシオペアクルーズ」「カシオペア紀行」(JR東日本)

「特別なトワイライトエクスプレス」(JR西日本、運行終了)

その他

関連記事

最新記事